オレ流。


by Mazzan_tini

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 98年第119回直木賞受賞作。
 直木賞というと読みやすい大衆的な小説が獲るイメージが強いが、こういう純文学的な小説が獲ることは珍しい。まあヤクザ、美女と娯楽的な要素は揃っていて、内容的には十分娯楽小説なのだけれど、文体は好き嫌いが分かれそうで、万人向けの直木賞に選ばれたのは選考委員の英断と言ってよいかもしれない。
 こういう普段とは毛色の違った作品が賞を獲ったということは、それだけこの小説の出来が他を圧倒していたということだろうか。いや実際、中身は相当に面白い。山本なんたらとかいう下手糞とは筆力が圧倒的に異なっている。匂い。車谷長吉の文章には匂いがある。男の匂い。女の匂い。汗の匂い。街の匂い。時代の匂い。そういうものが単語から行間からふつふつと沸き上がってくる。
 ああ、本物の作家だなぁと、読んでいて嬉しくなり、ページを繰る手が期待に満ちる。こういう感覚はちょっとばかりご無沙汰だったかもしれない。筋がどうこうではなく、一文一文が生きている。躍動している。小説というのは、こうでなくてはならぬ。
 また関西弁が小説的世界にマッチしていて実に良い。こういうギラついた情念を描き出すのに、方言というものは実に効果的な働きをする。これが共通語では味気ない。映画や小説で西日本の味わいある方言に触れる度、私は羨望と小さな嫉妬を感じてしまう。
[PR]
by Mazzan_tini | 2005-09-18 02:49 | 書評
 00年下半期の直木賞受賞作。
 ええまあ山本文緒なんて私が進んで読む筈もなくて、これまで食指を動かすことすらなかったのだが、さる友人(ここでは某K氏ということにしておこうか)から「たまたま読み終わったから」ということで頂いた品である。そうでもなければ読むことはなかっただろう。もっともK氏にしてみたところで、何の気もなく、たまたま最近に出た小説を、通勤列車の暇潰しにでも読んでいただけのことと推察する。それは本当に「たまたま」で、おそらく私にこの本を薦めたわけではないのだろう。
 でまあ、結論から言えば私には合いませんね、これは。短編集ともなれば大方一本や二本はそれなりに読める小説もあるものだが、律儀にこれまた列車の中でちろちろと読み尽くした結果、ものの見事に全てが駄目だった。合わない。絶望的に合わない。
 というかね、言ってしまおうか。この作家は下手なんだろうね、きっと。文章に匂いがない。ただ書き連ねているだけで、文章から情景が少しも匂い立ってこないのだ。最初の四編を読んだときは、女性視点という小説ゆえに私がリアリティを感じられないだけだと思っていたが、男性一人称の形式をとった最後の一編『あいあるあした』で判ってしまった。居酒屋を舞台に小説を書いて、酒の匂いも肴の匂いも全く読者に感じさせないってのは珍しい。赤提灯を描くなら描くで、そこに漂う香りを文章に沁み込ませるのが小説家というものではないんですかね。
[PR]
by Mazzan_tini | 2005-09-17 02:27 | 書評